オペラの本場、ヨーロッパで一度は観劇を楽しみたいですよね。観劇というと正装が必要であったり、値段も高いイメージがあると思いますが、パリのオペラ座には28歳以下限定で10€で観劇できる枠があります。

通常のオペラ座のチケットは上位席の場合は100€前後、高いものでは200€近いものもあるため、10€という値段は破格です。対象年齢の方はぜひ活用してみてください。

オペラ座の28歳以下限定公演

世界三大歌劇場にも数えられるパリのオペラ座には、28歳以下限定で10€で観劇できる枠が毎年用意されています。コロナの世界的大流行で中断していましたが、2022/23シーズンに再開されることとなりました。申し込みできるのは28歳以下のみで、入場の際には顔写真付きの身分証明書が必要です。

2022/23シーズンでは、12演目が28歳以下限定公演の対象となっています。各演目のまるまる1公演が28歳以下限定席に割り当てられているため、予約枠は豊富です。

座席カテゴリーに関係なく一律料金のため、10€でかなりいい席で観劇できる可能性があるのがポイント。反対に、公演日の選択肢がないため、旅行など短期滞在の方には予定に合う公演日がない可能性が高いのが難点です。

予約をするには?

予約はオペラ座の公式サイトから可能です。通常の公演は何ヶ月も前から予約可能ですが、28歳以下限定公演に関しては、公演日の約2週間前から予約が開始されます。

予約枠が豊富とはいっても、人気の公演は予約開始から数分で上位席が埋まってしまう可能性が高いので、予約開始とともにサイトにアクセスするのがおすすめです。予約の際はアカウント作成が必要なので、事前に作成しておくといいですよ。

公演会場は、オペラ・ガルニエとオペラ・バスティーユの2つがあります。オペラ・ガルニエはシャガールの天井画やきらびやかな大階段などが有名で、建築物としても見どころ満載です。オペラ・バスティーユは近代的なつくりの建物で、オペラ・ガルニエとは正反対の雰囲気。

歴史的建造物にも指定されているオペラ・ガルニエで観劇したい方は、演目を選ぶ際に会場もしっかり確認してくださいね。

フランスは若い世代の優遇料金が豊富!

フランスはオペラ座観劇のみならず、若い世代の割引料金が多く用意されています。たとえば、美術館などの文化施設の多くは、25歳以下の場合無料または割引料金で入場可能。長距離電車のチケットでも、25歳以下は割引が受けられる場合があります。

日本では割引料金があるのは未成年のみの場合が多いですが、フランスでは20代でも割引が受けられる施設が多くあります。チケットを購入するときなどは、割引条件をしっかりチェックしてみてくださいね。